マクロビオティック,ダイエット,スクール,教室,減量,痩身,痩せる,やせる,食材

マクロビオティックは元々は体の内側からきれいにする食療法として始まりました。
体の内側がきれいになることで、血行や血色がよくなって身体がイキイキして、
外見も本来の美しさを取り戻せます。マクロビオティック・ダイエットの実践で
内側からきれいになって外見も美しくなれるなら一石二鳥。ダイエットレシピや食材などを
研究して、日常のメニューやお弁当やおやつまでマクロビダイエットをフル活用ましょう。

スポンサードリンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

マクロビオティック・ダイエットをお料理教室で学ぶ TOPへ

マクロビオティックでダイエット!!
マクロビオティックって言葉を最近よく耳にしませんか?
マクロビオティックは、最近では歌手のマドンナが自分の
息子のアレルギーを改善するために雇った日本人シェフの
勧めで始めてみて、効果があったと話題になりました。

マクロビオティックは元々は体の内側からきれいにする
食療法として始まりました。
このマクロビオティックを実践してダイエット効果も
狙ってしまおうというのが私の目標です。
産後に増加した体重を減らす為にマクロビオティック
ダイエット
を体験してみる事にしたんです。

マクロビオティック・ダイエット教室に参加してみて、
そして、自分でもマクロビオティック・ダイエットについて
調べてみて、改めて思ったのですが、体の内側から
きれいにするというマクロビオティックのコンセプトは
理にかなっているようです。

他の方々のマクロビダイエット体験談を聞いてみても
急激な体重減少は期待できませんが、体の内側から
きれいにしていくことで、無理なくダイエットが成功しています。

体の内側がきれいになることで、血行や血色がよくなって
身体がイキイキして、外見も本来の美しさを取り戻せます。
忘れてはいけないのはマクロビオティック・ダイエット=痩せる
ではなく、自分自身の適正な体に戻すというのが重要です。

キレイな女性でいたい…スマートで美しい女性でいたい。
これはすべての女性の永遠の願望です。

マクロビオティック・ダイエットの実践で内側からきれいになって
外見も美しくなれるならこんなに嬉しい事はありません。
ダイエットレシピや食材などを研究して、日常のメニューや
お弁当やおやつまでマクロビダイエットをフル活用する予定です。

その他にもマクロビオティックのスクール(教室)、通販
カフェ、レストラン、スイーツなどなどマクロビ関連の
情報盛りだくさんのページにしていきますから、ご期待下さい。

[PR]〔抗酸化浄水器〕アクティブ・ビオ「スケルトンタイプ・ネイビー」<マクロビオティック>

スポンサードリンク

スポンサーサイト
マクロビオティック・ダイエットをお料理教室で学ぶ TOPへ

マクロビオティックの料理のレシピ・れんこんとひじきの煮物
マクロビオティックの料理のレシピ・れんこんとひじきの煮物


【れんこんとひじきの煮物】


◇材料◇

・ひじき     25g
・蓮根      60
・菜種油     大さじ1
・しょう油    大さじ1
・水       適量

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◇作り方◇

1. ひじきはササッと洗い、ザルで水気を切る。
2. レンコンは皮ごと薄いいちょう切りにします。
  節の部分は薄切りにして使います。(捨てません)
3. 鍋を温め、油を敷き、蓮根を入れて焦げつかせない
  ように炒めます。
4. 蓮根が透明になり火がとおったら、3にひじきを加えて
  炒め合わせます。
5. 4の鍋にひたひたになる程度の水を加え、中火で蓋をし
  ひじきが柔らかくなるまで煮ます。
6. しょう油を回し入れて、弱火で煮つめます。

スポンサードリンク

マクロビオティック・ダイエットをお料理教室で学ぶ TOPへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。