マクロビオティック,ダイエット,スクール,教室,減量,痩身,痩せる,やせる,食材

マクロビオティックは元々は体の内側からきれいにする食療法として始まりました。
体の内側がきれいになることで、血行や血色がよくなって身体がイキイキして、
外見も本来の美しさを取り戻せます。マクロビオティック・ダイエットの実践で
内側からきれいになって外見も美しくなれるなら一石二鳥。ダイエットレシピや食材などを
研究して、日常のメニューやお弁当やおやつまでマクロビダイエットをフル活用ましょう。

スポンサードリンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

マクロビオティック・ダイエットをお料理教室で学ぶ TOPへ

マクロビオティックの歴史
マクロビオティック(英文 Macrobiotic)とは、
長寿食、食養料理、自然食の意味で、1930年代以降に
桜沢如一氏が提唱した食事法のことです。

明治時代の食医(食事によって病を治す)(陸軍薬剤官)
石塚左玄(明治陸軍三奇人の一人)が創設した
「大日本食養会」に参加していた桜沢如一氏が食養会から
独立して、マクロビオティック及びその基礎となる
無双原理という哲学を提唱しました。
マクロビオティックは、その基礎である「第一回無双原理大学」を
北海道で1928年(昭和3年)に開いてから既に70年以上の
歴史を持っています。

戦後、マクロビオティックは、欧米を中心に世界中に
広まっていったようです。
桜沢氏は東洋医学の陰陽五行説を元に食べ物で陰陽の
バランスを整える食事法としてマクロビオティック
確立して、日本の伝統食だった穀物菜食を体系化して
マクロビオティックとしてまとめたようです。

そこから生まれた、健康指導者の多くは全世界に散らばり
健康的な日本食文化や指圧や鍼などの手当て法的な
東洋文化も一緒に諸外国で注目されるようになっていきました。

1995年には超一流ホテルリッツカールトンが世界30カ国以上にある
全てのホテルに、マクロビオティック・メニューを導入して
話題になりましたね。

マクロビオティックは、最近では歌手のマドンナが息子の
アレルギーを治すために雇った日本人シェフが勧めた事から、
息子だけでなく、マドンナもマクロビオティック
愛好家となった事で話題となって世間の目を集めました。

アメリカや欧米では、久司道夫氏(クシ・ミチオ)が
有名で、マクロビオティックによってアメリカ人の健康を
向上させたとして、日本人では初めてスミソニアン博物館
(アメリカ歴史博物館)に殿堂入りしたそうです。

特に、アメリカなどでは、マクロビオティックのコンセプトが、
ヒッピー達に受け入れられて、彼らの健康状態が非常に
良いことから注目され始めたようです。

スポンサードリンク

マクロビオティック・ダイエットをお料理教室で学ぶ TOPへ

TrackBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。