マクロビオティック,ダイエット,スクール,教室,減量,痩身,痩せる,やせる,食材

マクロビオティックは元々は体の内側からきれいにする食療法として始まりました。
体の内側がきれいになることで、血行や血色がよくなって身体がイキイキして、
外見も本来の美しさを取り戻せます。マクロビオティック・ダイエットの実践で
内側からきれいになって外見も美しくなれるなら一石二鳥。ダイエットレシピや食材などを
研究して、日常のメニューやお弁当やおやつまでマクロビダイエットをフル活用ましょう。

スポンサードリンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

マクロビオティック・ダイエットをお料理教室で学ぶ TOPへ

マクロビオティックの二大原則 その1
マクロビオティックの二大原則といえば
身土不二
一物全体
この二つが挙げられます。それぞれの意味を
考えてみましょう。

マクロビオティックで言う身土不二とは

人間も植物も全て生まれた環境と一体である、ということから、
住んでいる土地の旬の産物を食べるという考え方です。
色々な技術がすすんでいつでも様々な野菜を食べる事が
できるようになりましたが、マクロビオティックでは
その土地で、その時期にとれるものを食べる事で自然と
身体のバランスが整うと考えています。
温室栽培や養殖の技術の発達によって「旬」という感覚が
薄れている中、重要な考え方ですね。

四季のある日本の場合、マクロビオティックの考え方では、
季節ごとの旬を口にすることが、健康につながるということです。
自然と人が共存すると言う考えがマクロビオティックにおいて
大切なことなのです。

スポンサードリンク

マクロビオティック・ダイエットをお料理教室で学ぶ TOPへ

TrackBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。